不当な契約・不当勧誘の情報提供は消費者ネット広島までお気軽にご連絡ください。
ホーム > 見守りねっと〜高齢者等の被害を防ぐ〜

icon_chuui.gif2017.4.24 有料サイト未払い金請求の詐欺被害が急増中!(広島県警本部)

icon_katsudou.gif2017.4.24 呉市消費生活センター・呉市中央地域包括支援センタ-合同研修会が開催されました

icon_chuui.gif2017.4.17 国民生活センターを名乗るニセ電話 絶対にお金を渡さない(国民生活センター)

icon_chuui.gif2017.4.17 「1億円」を超える高額の特殊詐欺被害が発生!!(広島県警察本部)

icon_chuui.gif2017.4.10 洗濯表示が変わりました(国民生活センター)

icon_chuui.gif2017.4.10 特定商取引法違反の訪問購入業者「株式会社エスイーシー」に対する行政処分について(広島県)

icon_chuui.gif2017.4.3 キャッシュカードや通帳を他人に渡さないで!!(国民生活センター)

icon_chuui.gif2017.4.3 消費者トラブル撃退!“だまされん”って思っとらん? Vol.16

icon_mimamori.gif2017.3.27 見守りの力で解決!高齢者の消費者トラブル ~実際にあった事例を紹介~ Vol.3

icon_chuui.gif2017.3.27 無料のはずが有料だった アダルトサイトのトラブル(国民生活センター)

icon_chuui.gif2017.3.21 ガスの小売全面自由化が始まります!(国民生活センター)

icon_chuui.gif2017.3.21 ウェブサイト閲覧中の偽の警告にだまされないで!(広島県)

icon_chuui.gif2017.3.13 骨折も!買い物中の転倒に注意(国民生活センター)

icon_chuui.gif2017.3.13 ATMで還付金の手続きは詐欺!(広島県警察本部)

icon_chuui.gif2017.3.6 警察官を名乗る不審電話が連続発生!(広島県警察本部)

icon_chuui.gif2017.3.6 広島県内の急増相談トップ10が発表されました(広島県)

icon_chuui.gif2017.2.27 テーブルタップなどの配線器具をチェックしましょう。(NITE)

icon_chuui.gif2017.2.27 高齢者の消費者トラブル対処法 Vol.10(広島県)

icon_chuui.gif2017.2.20 ウェブサイト閲覧中のニセの警告音にだまされないで(国民生活センター)

icon_chuui.gif2017.2.20 臨時福祉給付金の支給に便乗した特殊詐欺に注意!(広島県警察本部)

icon_chuui.gif2017.2.13 強引な布団の訪問販売に注意(国民生活センター)

icon_chuui.gif2017.2.13 消費者トラブル撃退!“だまされん”って思っとらん? Vol.15

 


mimamori01.pngmimamori02.pngmimamori03.png

 

メルマガ登録募集中!

 

守り情報を週1回(緊急時は随時)配信します。登録料は無料です(通信費は除く)。

mimamori@shohinet-h.or.jp                  メルマガ登録はこちらから          

new.gif                                                       


「見守りねっと」について

高齢者がターゲットに

最近,悪質商法の話題がマスコミをにぎわしています。ありもしない投資話,頼んでもいない商品の送りつけ,強引な訪問販売,貴金属等の押し買い等,手口も様々ですが,狙われているターゲットの多くは,高齢者です。
実際,広島県内の消費生活相談窓口(県及び各市町に設置)で受け付けた相談のうち,65歳以上の方に係る相談は平成20年度の3,825件から平成24年度は5,596件と46%も増加しています。
この間,相談の全体件数は33,489件から26,864件へと約25%減少しており,高齢者に関する相談のみ急増しています。高齢者の消費者被害の防止は喫緊の課題と言えます。 

なぜ高齢者がターゲットになるのか

mimamori_20.gif高齢者は,被害に遭っても家族や世間体を気にして相談しない場合が多く,また,被害に遭っていること自体に気づきにくい場合があります。
また,高齢者の抱いている「孤独」「健康」「お金」(3K)への不安は悪質事業者の付け込むすきとなります。特に,生計を年金に依存する高齢者にとって,お金はとても大切であり,高齢者の「お金を守りたい,できれば増やしたい」という気持ちが弱点となってしまいます。
やさしく親切に声をかけられて懇意になると必要のないものまでつい買ってしまう,立派なパンフレットでもっともらしく説明されると信用して投資してしまう,脅しを含んだ強引な勧誘が怖くて仕方なく契約するなど,プロである悪質事業者に高齢者だけで太刀打ちすることはとても難しいことなのです。

print

「気づいてあげられるか」がポイント

mimamori_24.gif高齢者にとって相談窓口に相談することはとても勇気のいることです。高額な契約を後悔し,一人で悩んでおられる場合もあります。また,高齢者にとって,高齢者の家族は往々にして最もそうした悩みを打ち明けにくい存在です。そこで,民生委員さんや介護関係者をはじめ,高齢者に身近な方々が消費者被害の兆候に気づき,あるいは日常的に啓発をしていただくことが被害の防止にとても役立ちます。

気づくためには,いくつかポイントを知っておく必要がありますが,難しいことではありません。
被害発見のコツ

消費者被害に気づいたらmimamori_21.gif

高齢者の気持ちを汲みつつ,できるだけ早く各市町又は県の相談窓口に御連絡ください。資格を持った専門の相談員が対応します。(専門の相談員が配置されていない窓口もあります。)

各消費生活相談窓口はこちらから 

 


〜消費者被害は個人の被害にとどまらない〜

 

  • 被害に遭っても誰にも相談せず,泣き寝入りしてしまっては,悪質事業者はますますはびこるばかりです。一人の被害は次の被害を生みます。
  • 消費者被害は,家族や近隣との人間関係にも悪影響を及ぼし,高齢者等の孤立を深める場合があります。
  • 被害に遭った財産は,本来は地域の商店等で有意義に消費されていたものかもしれません。

    だから、消費者被害は地域の損失。地域の力で悪質商法を撃退しましょう!

県内の活動紹介はこちらから


ホームに戻る

 

リンク集  プライバシーポリシー  サイトマップ

メールでもお問い合わせ頂けます。
ftr_contact.png 

不当な契約・不当勧誘の情報提供は消費者ネット広島までお気軽にご連絡ください。
ftr_tel.png
月曜日~金曜日 10時から17時まで(祝日を除く)

 〒730-0017 広島市中区鉄砲町1番20号 第3ウエノヤビル3F


© 2017 特定非営利活動法人 消費者ネット広島|内閣総理大臣認定 適格消費者団体